スポンサーリンク

ガーシー議員 “懲罰”に「ドバイにいるんで勝手にしてください」 FNN単独インタビュー応じる

スポンサーリンク
炎上
スポンサーリンク

2022年7月に初当選以来、一度も国会に登院していないNHK党のガーシー参議院議員に、25日午後、FNNが単独インタビュー。
懲罰について「勝手にしてください」と語った。

キャップにパーカーのラフな姿でモニターに映るのは、3月上旬に帰国し、国会に出席する考えを示している、NHK党のガーシー参院議員。

25日夕方、滞在先のドバイと国会をオンラインで結び、国会出席に向けた勉強をする予定だったが、その直前にFNNの単独インタビューに応じた。

NHK党・ガーシー議員「はじめまして、よろしくお願いします」、「僕の中では9割、3月の上旬には帰国するつもりです」

ガーシー議員は、2022年7月に初当選して以来、一度も国会に出席していない。

自民党と立憲民主党は24日、今の通常国会でも欠席が続いた場合、ガーシー議員に懲罰を科す方向で一致した。

“懲罰”についてガーシー議員に今の心境を聞くと、開き直りとも取れる言葉が返ってきた。

記者「懲罰委員会が、早ければ2月上旬に開催予定だが、心境は?」

ガーシー議員「心境というかなんというか、ドバイにいるんで勝手にしてくださいって感じ。3月に帰るってことを言っていますし、これ以上、別に言うこともないかなと思っているんですけど、ただ、立憲民主党からも自民党からも何も報告がないまま勝手に事が進んでいくんで」

「懲罰について勝手にしてください」と語る一方、与野党への不信感をにじませたガーシー議員。

“懲罰”が可決される場合、ガーシー議員に対しては「登院停止」の処分が下される可能性もある。

これに対しては…。

記者「懲罰委員会で登院停止が検討されることについては?」

ガーシー議員「登院していないので、登院停止してどうするんだろうなとは思いますけど。(登院停止)したいのであればしてくださいって感じですよ。登院してないのに登院停止にして、不登校の学生を停学にするのと一緒。支離滅裂だなって気はしますけど」

3月に初めて、国会に出席する意向を示しているガーシー議員。
その理由を聞くと、こう明かした。

ガーシー議員「僕に対して票を入れてくれた人たちも、やっぱり大丈夫、帰ってこなくていいよと言いながらも、帰ってきてほしい気持ちあると思う。僕が一番大事にしないといけないのは、票を入れてくれた人たちだと思っている。その人間に会いたいなという気持ちも強いので、その人たちの意思を尊重するためにも、一回国会に行きたいなっていう気持ちと。参議院議員が国会に出ることを義務とするんであれば、一度くらいは出て行かないといけないという意思が、まずひとつあります」

ガーシー議員をめぐっては、複数の著名人が、ガーシー議員から動画投稿サイトなどで誹謗中傷を受けたなどしたとして、警視庁に告訴状を提出。

ガーシー議員は帰国後、警察から事情聴取を受ける意向を示している。

ガーシー議員「ここから二転三転、警察がやること変えたり、世の中の動きがおかしくなると、帰国に対してどうなるか正直わかりません、それが本音です」

ガーシー議員が国会に出席していないことについては、野党からも「絶対に許されない。ちゃんと仕事をするためにも帰国すべき」と批判の声があがっている。

インタビュー後に、国会出席のための勉強をオンラインで行ったガーシー議員。

懲罰は科されるのか、そして、本当に帰国するのだろうか。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました